SUNTOY

サントイ株式会社

ダステール560CS

ダステール560CSについて

ダイオキシン類実測値 0.011ng-TEQ/m³ N

バッチ式一括処理型燃焼方式を採用した火葬炉です。2次燃焼室内に適当な間隔で設置したノズルから高温空気を強制通風することで、1次燃焼室から発生した未燃焼ガスを完全燃焼する構造です。

調査機関 株式会社東海テクノ NO.30905421
特許 第4625359号・第5032096号・第5032103号

ダステール560CSの特徴

■構造

【炉内構造】燃焼室に特殊素材を採用することで、800°までの到達時間と冷却時間を短縮した火葬炉です。弊社独自の特殊受け皿とセラミックマットにより、火葬時間短縮と火葬後の悪臭も抑えました。
また、火葬炉にカメラを取り付け、火葬の状況を確認できます。モニターを事務所等に設置すれば、そこから炉内の状況が確認でき、非常に便利です。

【搬入口構造】開けた扉の上に炉内から受け皿を引き出して拾骨をすることができる構造ですが、台車仕様に変更することも可能です。
台車仕様に変更することで女性でも簡単に出し入れできるようになります。

【焼却能力】 20kgまで(小動物から中型犬)対応

【燃料】灯油、LPガス、都市ガス

■ 操作パネルと温度管理

スイッチだけの簡単な操作で焼却温度を自由にコントロールすることができます。

デジタル表示で温度を確認できるので、
「低めの温度でお骨をきれいに残したい。」
「高めの温度で火葬を短時間にしたい。」
などの希望に応じた火葬をすることができます。
またコンピューターによる制御で1次、2次燃焼室の火葬時間、燃焼温度、冷却時間を任意に設定し、自動運転が可能です。

■炉内カメラ

火葬炉にカメラを取り付け、火葬の状況を確認できます。モニターを事務所等に設置すれば、そこから炉内の状況が確認でき、非常に便利です。

■防塵対策

サイクロン型集塵機の搭載により、ダンボールの棺を使用しても粉塵が出ません。

■環境対策と法令への適合

2次バーナーを標準装備することにより、一次燃焼室から発生した未燃焼ガスを効率よく高温で再燃焼させ煙と匂いの発生を最大限抑制します。各バーナーはガスバーナーに変更可能です。オイルバーナに比べ着火初期の匂いを大幅にカットしクリーンな排煙にすることができます。
また、焼却炉における廃掃法の構造基準を全て満たしています。
サイクロン集塵機を装着できるモデルなので、粉塵を抑えることができ草加市などの条例に対応することができます。